Press "Enter" to skip to content

株式投資で必ず発生!手数料を考えて口座選び

デイトレードなら1日いくらの所をえらぶ

金融サービスを利用するとき、手数料がかかる場合、かからない場合があります。金融の自由化によってそれぞれの企業の対応が変わってきて、手数料で会社を選べるようになりました。利用する側としては、できるだけ手数料がかからない業者を選んだ方が良いでしょう。デイトレードを行うとき、1日いくらと設定しているところを選びます。デイトレードはどうしても取引金額が大きくなります。そのため通常の手数料だとかなり多くなることがあります。

取引金額によって証券会社を変える

金融自由化がある前は、各証券会社のサービスは証券マンのアドバイスが中心でした。そのため、手数料部分は横並びでした。どこで投資をしても手数料は同じ状態でした。今はネットで投資をすることが多くなり、証券マンにアドバイスをもらうケースは減っています。各社は他のサービスで差別化を図ろうとしています。できるだけ手数料を減らしたいなら、取引金額によって証券会社を変えます。ある金額以内ならどの会社、それ以上ならどこなどと決めておきます。

NISA口座だと無料になるケースがある

NISA口座を開設するとき、各社でキャンペーンを行っていました。当初に比べると少なくなっていますが、今もNISA口座のみのキャンペーンがあります。その一つとして、売買手数料が無料になるサービスです。通常いくらかかかる手数料がかからないので、その分お得になります。1年の上限が120万ですからそれほど多くの取引ができるわけではありませんが、初心者ならそれほど投資はしません。手数料分だけでもかなり助かるかもしれません。

株の信用取引の金利の計算をするには、仲介業者の手数料や投資額の総額を継続的に確認することがポイントです。