Press "Enter" to skip to content

良いファンド会社とはどのようなところか!

利益を出してくれることが大事

当たり前ではあるのですが、利益を出してくれるファンド会社こそ、最高といえます。色々と言い訳を言って損をしたことを説明したとしてもそれはまったく意味がないことです。投資において最高の行為というのは利益を出すことにあります。ですから、ファンドにお金を出すのですから、それに見合ったリターンをくれることが求められる行為といえるでしょう。そこで重要視されるのが過去の実績になります。これをよく比較するべきです。

どんな投資をしているのか

ファンドによって方向性が違います。やや高いリスクを取っているがリターンも多くなっているとか或いは極めて無難な投資先を選んでおり、リターンは少ないがリスクもそこまで高くないとかそうした投資に関する方向性がファンドごとにあるのです。利益率のみで見るのではなく、投資の内容、方向性からも比較するべきであるといえるでしょう。確かに利益を出していることが最低条件ではありますが高すぎるリスクの果てに僅かなリターンでは割に合わないのです。

何十倍となることはないです

ファンドに投資をする事において、あまり投資の醍醐味としてなくなってしまうのが莫大な利益になることはほぼない、という点です。それこそ一割でも利益になっていれば情況次第ではありますが、かなりよいです。また、実際に投資としてはこれはかなりの戦果ともいえるでしょう。ですが、一般の投資でも意外と何倍、十数倍となるようなことがあったりします。そうした極端な利益が見込めないのがファンドの投資になります。やや長期的な視野が必要です。

ファンドの会社は、多数ありますから選ぶのが大変です。投資できる自己資金を明確にしておく事と、資産運用の分散化が大切になります。