Press "Enter" to skip to content

高校中退はそれほど決定的なことでもなくなった

以前はその後の進路が限られていた

高校中退は、以前は大きな決断を要することでした。それ以後の進路がごく限られていて、学校側も極力中退させないようにしていたものです。留年させるとたいてい生徒は中退するため、長期留学を除いて、留年もまずさせませんでした。高校を中退することは、高校卒業資格のないまま一生を生きることを意味していたからです。大検しか残された道はないと誰もが思っていて、その大検というのが理不尽に難しかったんですよ。よほどの秀才でも通るのがたいへんでした。

現在の高校中退の意味

ところが通信制高校の普及で、現在は高校を中退しても高校を卒業するのが容易になったため、学校側も簡単に生徒を留年させるようになりました。原則論に基づいて、機械的に留年措置です。クラス制、学年制で学校生活は万事動くため、留年すると、生徒は身の置き所がなくなるとわかっていてもです。生徒は当然のごとく中退を選びます。学校側は通信制高校を案内します。そんな流れができあがってきました。中退後の進路が開けたゆえの変化でしょう。

通信制高校への入学、編入

一年生の時に中退すると、通信制高校には入学という形で入ります。二年生以降に中退すると、編入になり、中退前にとった単位がそっくり生かせます。通信制高校には学年がないため、ハイピッチで単位をとっていけば、通算三年間の高校生活で卒業することが可能です。大学へは、現在は全員入れますが、最終学歴が大学になれば、高校が問われることはまったくありません。大学に入るには、高校を卒業しているか、高校卒業資格認定試験に通ることが必要です。高校を卒業するほうがずっと楽ですよ。

高校中退しても働ける方法はあります。職種を絞るとどうしても学歴は必要になりますが職種を絞らなければ必ずあります。