Press "Enter" to skip to content

信用取引と言うのはどんな担保があるのか!

証拠金が担保になるわけですが

信用取引というのは、色々と大変なことが多いです。要するに分限以上の取引をすることになりますから、基本的にはかなり覚悟しておいたほうが良いでしょう。しかし、無差別にやらせてくれるわけでもないです。そこで重要であるのが、担保になります。しかし、不動産などの担保は取ることが殆どないです。基本的には元本、つまりは証拠金取引がまずは担保のような形になります。ですが、それ以上に損をしてし貰う可能性があるのです。

不動産は担保になるのか

信用取引においてはそこまで不動産は担保として求められることはないでしょう。具体的には一々、抵当権をつけるのが面倒なのです。そのあたりの手間も考えますと特に取らない、ということが殆どになります。今、流行しているFXなどもそうです。非常に簡単にレバレッジをつけることができるようになっています。それこそがとても重要であり、だからこそ、やりすやくなっているといえるでしょう。特に最近はFXはリスキーな投機として注目されています。

金額的にはいくらなのか

投資金額はいくらなのか、ということがありますが、これははっきりいってその人次第であるといえるでしょう。それこそ1万円からでもやることができるような投資もいくらでもあるわけです。レバレッジをかけることによって、少ない投資金額で大きくリターンを入れることができる、というのが大きなメリットなのですから、元金がどうこう、ということはそこまで重要視されていないのです。もちろん、これはかけるレバレッジ次第ともいえます。

信用取引の担保として証券会社に差し入れるものには、現金と株式の二種類があります。価値変動のない現金は担保率100%です。