Press "Enter" to skip to content

ファンドにおいて長期投資のケースで留意する点とは

長期に亘っての投資と投資信託の商品の関係性

トレードするならば、長期投資にするのがお勧めというような話をよく聞きます。投資信託のケースでも、期待して良いファンドを手に入れて、長期で有しておくことが、効果のある投資アプローチと言っても良いかもしれません。しかしながら、いわゆる投資信託を定期預金と同じ様に想定して、そっくりそのまま放置しておけば、段階的に利息分が増加していくとイメージしているようでは、思い違いと言えるでしょう。つまり、株と一緒くらいに投資信託については価格変動幅がハードです。

値動きが上下に著しく動くファンドがあります

一つの例として、投資信託を手に入れて、6ヵ月後にその本当の価値が元の金額の倍になることもあったり、元の金額の二分の一になってしまうことも想定されます。要するに、投資信託においては貯金のような確実性はないということです。長期間にわたって保有すれば、将来的にパフォーマンスが回復して、結局最後にプラスになると言えないこともないのですが、永続的に右上がりを描くとイメージするのは、過ちと言うことができます。

パフォーマンスを上げることを意識しましょう

従いまして、時と場合によってファンドを上手く売却し、購入し直すことにより、ファンドのパフォーマンスが上げることもできます。あらためていうまでもなく、ファンドそのものの高値及び最低価格を想定することについては、一筋縄で行かないわけですが、いかなる時もリバランスをとるように強く意識することは、投資を考えるうえで重要になります。そうすることによって投資効率の良い投資ファンドを実現することが、できることに繋がります。

投資とファンドは、投資する主体と方法が違います。投資は個々の投資家が投資先を選びます。これに対し、ファンドは、出資者を募って多額の基金にして投資の専門家に投資を任せて利益を配分する仕組みです。