Press "Enter" to skip to content

相続税で困らないために事前に支払い方法を相談だする

相続税の盲点に気を付ける

相続税の盲点は、孫に相続をする場合です。生前贈与をすると年間110万円の非課税枠内でも、贈与した親の死から3年間さかのぼって相続財産に合算されます。法定相続人ではない孫に贈与分は、相続財産には含まれません。子にするより孫に生前贈与する方が、節税効果が大きくなります。このため、子どもではなく孫に生前贈与する方が良いです。税務署の調査が入ってもいいように、生前贈与の証拠をきちんと残しておく必要があります。

相続税の準備をしておこう

相続税の準備として必要な事は、相続人の確認をしておきます。戸籍謄本を取り寄せて相続人と被相続人の本拠地から確認します。遺言書があれば、家庭裁判所で検認を受けます。遺言書のある場合はそれに基づいて、ない場合は法律に基づいて遺産分割の協議をします。成立したら、遺産分割協議書を作成しないといけないです。遺産と債務を調べて目録や一覧表を作って、葬式費用は遺産から引きます。相続税と財産評価基本通達により、財産の評価を行います。

相続税の支払い方法はこうなっている

相続税の申告は、被相続人が死亡した住所を管轄する税務署に申告書を提出します。相続税の申告期限は、相続開始を知った日から10ヶ月以内となっています。期限を過ぎたり実際に貰った財産が少ない場合は、加算税がかかります。相続税の納付は、申告期限と同じです。税務署以外に、金融機関や郵便局でも出来ます。機嫌が切れると、遅延税が余分にかかるので気を付けます。延納と物納制度があり、延納は何年間かかけて納める方法で物納は相続でもらった財産を納める方法です。

相続税はとても難解な箇所があります。土地の相続があった場合の価値の評価が、特に難しい問題です。専門家に相続税相談をしましょう。指示された資料を集めれば、申告までしてもらえるはずです。