Press "Enter" to skip to content

相続税対策をするのであれば税理士に相談をしましょう

相談をする相手としての税理士

相続をする財産、或いはさせることができる財産がある、というのはとても有難いことでしょう。それはよいことではあるのですが、問題はそれに対処、対策ができているのか、ということです。そもそもどうしてもお金がかかることになりますから、あまり相談なんてしたくないと思うかもしれませんが、基本的にはそれなりの財産があるならば税理士に相談しておいたほうがよいでしょう。そうすることによって、少しでもスムーズにできるようになるからです。

骨肉の争いを回避すること

相続財産があるのであれば、基本的には揉めることを意識しておいたほうがよいでしょう。要するにどうすればよいのか、といいますとしっかりと決めておくことができる点はやっておくことです。そうすれば揉めるとしても僅かで済むようになります。その点のことは弁護士に相談すればよいでしょう。税理士ではそうしたことが明確にはすることができないので相談する相手としては弁護士にしたほうがよいです。それが基本的な考え方です。

少しであれば節税もできます

税理士に相談するまでもないことですが、実は相続税と言うのは即座に節税できる可能性があります。何故かといいますとそれはなんといっても贈与です。贈与をすることによって、かなり安心して非課税で相続させることができるようになります。もちろん、限度はあるのですが、それが毎年あるのです。その為、基本的には毎年毎年やることがお勧め出来るといえます。そうすればかなり相続財産を抑え込むことができるようになっているのです。

相続税の税理士を選ぶには、顧客対応の良い事務所に問い合わせをすることで、おおよその必要の相場を知ることが大事です。