Press "Enter" to skip to content

ハイリスク・ハイリターン!一獲千金を狙える信用取引

信用取引と通常の取引の違いとは

通常、株式や金融商品は全て自己資金で購入し、値段が上がれば利益になり、下がれば損失になります。しかし、信用取引では証券会社に証拠金を納めることで、その金額の数倍から数十倍の金額の取引を可能にします。FXや先物取引などが有名ですが、株式でも信用取引をすることができます。また、株式を保有していなくても、実質的に株式を借りることによって売りから取引を始めることができます。これを空売りと言い、売った銘柄が値下がりすれば、安くなったところで買い戻しを行うことで利益が出ます。経済状況が悪くなっても、空売りで大きな利益をあげる人もいます。

ハイリスク・ハイリターンの理由

信用取引では、証拠金の額以上の取引が可能です。例えばFXでは、10万円の証拠金で200万円の取引を行うこともあります。通貨自体の価格変動は大きいものではありませんが、200万円分の外貨を買えば1パーセントほどの円安で数万円の利益が出ます。また、空売りで同じように取引をすれば円高でも同じだけの利益になります。株式の信用取引では証拠金の3倍ほどが取引額の上限ですが、変動の幅を考えればFXと同じくらいのリターンが得られます。しかし取引額が大きい分、損失額も膨大になり、ハイリスクであると言えます。

投資家を惹きつけてやまない信用取引の魅力

投資を行う以上、殆どの人は大きな利益を出すことを狙っています。しかし配当や利息中心の、リスクを取らない金融取引ではよほど多額の元手がない限り大きな利益は出ません。しかし、信用取引で証拠金の数倍の取引をすれば、数万円や数十万円の元手を短期間で何倍にもできるのです。信用取引は失敗すると投資した額以上の損失が出ますので、投資が原因で借金を作る可能性もありますし、破産する人も少なからず存在します。それでも一獲千金の夢から、多くの投資家が信用取引を行っています。

信用取引とは、自分の資金や株式などを元手に信頼を得、所持しているお金以上の株式投資を行うことをいいます。